家庭教師アルバイトの『すべて』|おすすめな理由・時給・個人契約・疑問などなど、家庭教師バイトの全てをご紹介!

人気のアルバイトのひとつ『家庭教師』。
高時給』、『スケジュールの融通が利きやすい』など好条件が揃っているアルバイトです。自身の知識や経験を活かせるので始めやすく、やりがいもあるので、充実したアルバイトをすることができます。この記事では家庭教師アルバイトの全てについてご紹介します。

家庭教師とは

主に小学生~高校生(浪人生)の生徒を対象に、生徒宅に訪問し『日々の学習のサポート』『 テスト・受験対策』『 通っている塾についていけるような学習サポート』等様々な形で、生徒の学習サポートをしています。教科の学習だけでなく、『 AO受験の対策』『小論文の書き方』や、学習に向けた『精神的なサポート』を行うこともあります。

おすすめな理由

家庭教師のアルバイトはいろんな方におすすめできます。

一般のアルバイトよりも好条件

一般のアルバイトに比べて家庭教師のアルバイトは好条件だと言われています。
『報酬面』『仕事のやりがい』『働き方』『将来性』『負担面』などの面においておすすめな理由があります。『時給』や『スケジュール管理以外』でも好条件が揃っており、おすすめです。詳しくはこちらの記事にまとめています。

特に大学生におすすめ

特に家庭教師は大学生におすすめです。大学生は日々「学業」「サークル活動」「自己鍛錬」などなどで忙しいです。忙しいからこそ、 家庭教師アルバイトは大学生におすすめです。

家庭教師の時給相場とは

家庭教師の時給は最低でも《時給:1,500円以上》で、他のアルバイトに比べても『高時給』です。高時給なので効率よく稼ぎやすいです。
時給は担当する生徒の学年などによって変動があり、家庭教師の実績や指導実績などによって高い時給になります。
詳しくはこちらの記事にまとめています。

家庭教師と塾の違い


『勉強を教えるバイト』『子供と触れ合うバイト』として家庭教師と同列に論じられるアルバイトに『塾講師』があります。
アルバイトを検討する際に『家庭教師』と『塾講師』のどちらも検討している方も多いかもしれません。『教える環境』『一度に教える生徒の数が違う』等様々な違いがありますが、どちらも比較的『高時給』で『やりがいのある』お仕事(アルバイト)です。
それぞれの違いやメリット、働き方についてこちらの記事にまとめています。

家庭教師の始め方

家庭教師の始め方は2パターンあります。

個人契約
個人的に知り合いと契約し家庭教師を始めるパターン
家庭教師派遣会社に登録する
家庭教師派遣会社に登録し、生徒(案件)を紹介してもらうパターン

2パターンのどちらも家庭教師の仕事内容は変わりませんが、報酬やサポートの面で違いがあります。詳しくはこちらの記事にまとめています。

家庭教師の仕事内容

家庭教師の仕事内容は様々で、基本的に授業カリキュラムや教え方も家庭教師に任せられています
学校の授業・宿題のサポートをする『日々の学習サポート』、志望校合格のための『受験指導』、推薦試験・AO試験に向けた『小論文の書き方指導』、また、何らかの事情で学校に行けない子供に向けた『不登校児指導』、『精神的なサポート』など生徒や保護者のニーズに合わせたサービスを提供します。

教える以外の仕事

生徒に教える授業内容などを予習しておくことや、授業計画をたてること、必要に応じて小テスト等を作成する場合もあります。また会社によって異なりますが、会社への月報などの報告・相談をしなければならないこともあります。

オンライン家庭教師で家庭教師を始める

2020年以降、オンライン家庭教師の需要が高まっています。『移動がないこと』や『時間効率よく働ける』等のメリットがあるので、人気になっています。
詳しくはこちらの記事にまとめています。

家庭教師に必要な学力・学歴はあるの?

家庭教師を始める上で、「学歴や学力がどれくらい必要なのか」と不安になる人も多くいます。難関大学の大学生しか家庭教師ができないと考える方もいるかも知れませんが、特に『学歴や学力は関係ない』ことが多いです。もちろん生徒に勉強を教えるので、生徒以上の学力や知識は必要ですし、難関校を志望している生徒を指導する場合は高学歴を求められるかもしれません。
ですが、学歴や学力以上に求められるのは、『生徒にわかりやすく教えられる能力』や『コミュニケーション能力』です。詳しくはこちらの記事にまとめています。

教えられる教科について

家庭教師を始める上で、算数(数学)・英語を教えられる人材は求められる傾向にありますが、教えられる教科が限られていても問題ありません
家庭教師派遣会社に登録して家庭教師を始める場合は、希望の条件を聞いて生徒を紹介してくれるので自信がある科目が1科目でもあれば大丈夫です。

家庭教師として採用されるために

家庭教師を始める際の不安

家庭教師として働こうと考える場合「 ちゃんと教えることができるか」など不安になることもあります。個人契約の場合は全ての責任を一人で抱えないといけませんが、家庭教師派遣会社を登録している場合は、サポートも充実しているので不安が解消されるかもしれません。詳しくはこちらの記事にまとめています。

志望動機はしっかり

また、家庭教師を始める際、『 志望動機』は必ずと言ってよいほど問われます。志望動機は一人ひとり違いますが、押さえておきたいポイントなどはあります。
詳しくはこちらの記事にまとめています。

家庭教師のアルバイトは、生徒の成長を間近で感じられるお仕事です。また、生徒の将来に関わるお仕事なので責任のあるお仕事ですが、その分やりがいもあります。家庭教師に興味がある方は家庭教師のアルバイトを検討してみてはいかがでしょうか?

関連記事

RANKING

  1. 1

    「良い先生」の特徴と、求められる資質とは?

  2. 2

    教える仕事はこんなに色々! ピンとくるのはどれ?

  3. 3

    こんなにたくさん!教員免許が活かせる仕事のまとめ

  4. 4

    「教えるって素晴らしい!」―教える仕事の意義とやりがい

  5. 5

    《必見》副業家庭教師の始め方や必要なスキル|おすすめな理由やスケジュールも

最新記事 おすすめ 特集
  1. 【就活生向け】新卒エージェント・就活支援の選び方| 就活エージェントを見極め上手に就活

  2. 新卒エージェント・就活支援サービスのメリット・デメリットは?|就活生は知っておきたいメリット・デメリット

  3. 【就活生必見】新卒エージェント・就活支援ってなに?|サービス内容は?使い方は?利用までの流れは?

  1. 《必見》副業家庭教師の始め方や必要なスキル|おすすめな理由やスケジュールも

  2. 生徒の『もうやりたくない!』に効く、モチベーションアップ術

  3. 教える仕事はこんなに色々! ピンとくるのはどれ?

  1. 家庭教師のバイトって学歴関係あるの?|学歴不問?高学歴のメリット・時給についても

  2. 家庭教師アルバイトを始めるなら、家庭教師派遣会社?個人契約?どっちがいいの?

  3. おすすめのバイト!家庭教師がおすすめな7つの理由|始め方・注意点をご紹介!

TOP