家庭教師・塾講師の違い|アルバイトはどっちがいい?兼業も?それぞれのメリットについて

勉強を教えるアルバイトとして『家庭教師』と『塾講師』があります。
どちらも勉強教えるお仕事なので、あまり違いが感じられないかもしれません。
今回は家庭教師アルバイトと塾講師アルバイトの違いやそのメリット等についてご紹介します。

家庭教師と塾講師の違い

家庭教師と塾講師は『勉強を教える』という点では同じですが、それぞれに特徴があります

仕事内容(授業の進め方)

家庭教師

生徒の自宅を訪問して、主に『日々の学習サポート』『受験対策』等を目的に授業を行います。場合によっては兄弟を同時に授業することもありますが、基本の授業形式は1対1(マンツーマン)です。
1対1(マンツーマン)での授業なので、教える生徒の学習スピードに応じた指導ができますし、教師独自のカリキュラムなので、日々柔軟に指導内容を変えることもできます。
『日々の学習サポート』『受験対策』以外にも『不登校児童指導』など様々のサービスを提供することがあります。

塾講師

学習塾や予備校などで『日々の学習サポート』『受験対策』等を目的に授業を行います。集団塾の場合は、一度に大人数を相手に授業を進め、個別塾の場合は1~3名の少人数を相手に授業します。
学習塾・予備校の場合は自ら授業内容を考えることもありますが、ある程度は決まったカリキュラムに沿って指導を行うコトが多いです。
一人ひとりの学習状況に合わせるというよりは、決められた内容(カリキュラム)に沿って授業を進めるので、授業の融通は利きにくく、集団塾は一方通行の指導になってしまうこともあります。また、授業は様々な先生が行うので、他の先生との連携の必要性もあります。
また塾の指導方針によって、定期テストの成績アップや志望校合格などの『実績』を大事にしているところも多いです。

収入

家庭教師

家庭教師は、各家庭に訪問するので塾講師よりも報酬が高くなる傾向にあります。一般的に1コマ(60~90分)に対して、報酬が支払われます。
家庭教師の時給は契約によって異なりますが、最低でも《時給1,500円以上》で、家庭教師のスキルや実績、担当する生徒の学年などにより時給は変動します。
たくさん稼ぎたい場合、生徒宅と、別の生徒宅が近くないと短時間で連続して授業をする事ができないので、生徒同士の家が近くないと稼ぎにくいです。
また、生徒都合による急なキャンセルの場合は、授業をしないので報酬は発生しませんし、突然契約を打ち切られてしまった場合は収入源が突然なくなります。

塾講師

塾講師の時給は家庭教師に比べると若干低くいですが、最低でも《時給 1,200 円以上》で、個別指導の塾よりも集団指導の塾のほうが高時給になる傾向にあります。
授業時間のみを勤務時間とみなす塾も多く、指導準備や保護者宛のレポートを書く時間などは時給が発生しないことがあります。
塾講師は家庭教師と違い、同じ場所(塾)で働くので1日にたくさん授業を入れることができ、その分稼ぐことができますし、塾のスケジュールに合わせて自分が働く量を調整できるので収入の予測も立てやすいです。

保護者との関わり

家庭教師

家庭教師は生徒宅を訪問するため、保護者との繋がりが強くなる傾向にあります。
家庭によっては送迎をしてもらえることもありますし、夕食などの誘いを受けることもあります。保護者との関係が良好になるだけ仕事がやりやすくなりますし、逆に、保護者との関係が良好でない場合は仕事がやりづらくなることもあります。家庭教師は保護者との関係がすごく大切です。

塾講師

塾講師は家庭教師と比べると保護者と関わることは少ないです。塾講師で保護者対応が発生する場合はクレーム対応であることが多いです。もちろん大きなトラブルの場合は、会社が対応します。

生徒とのコミュニケーション

家庭教師

生徒との1対1(マンツーマン)での授業になるので、じっくりとコミュニケーションを取ることになります。休憩中に雑談などをすることもありますし、時には悩みを聞いたり、人生相談にのったりなど深い信頼関係を築くこともあります。

塾講師

1対複数人の授業なので、一度に多くの生徒に関わることになります。
生徒一人とじっくりコミュニケーションをすることは難しく、多くの生徒とコミュニケーションを取ることになります。また、担当していない生徒とのコミュケーションが発生することもあります。コミュニケーションスキルが自然と身につきます。

アルバイトの始めやすさ

家庭教師

家庭教師は『①個人契約』『②家庭教師派遣会社に登録する』という2パターンで家庭教師を始めることができます。
『①個人契約』で始める場合は、知り合いの子供等を相手に家庭教師を始めます。
『②家庭教師派遣会社に登録する』場合は、家庭教師派遣会社から生徒(案件)を紹介してもらい家庭教師を始めます。
『②家庭教師派遣会社に登録する』は希望の条件に沿って生徒(案件)を紹介してもらえるので、自ら生徒を探さないといけない『①個人契約』よりも始めやすいです。

塾講師

塾に採用されることで始められます。

研修やサポートについて

家庭教師

『個人契約』で家庭教師を始める場合は、もちろん研修やサポートなどは無く、クレームやトラブルが発生した場合も一人で対応しなければなりません。
『家庭教師派遣会社を仲介』している場合は、事前の研修や家庭教師前後のフォロー等もあるので安心して指導をすることができます。
また、トラブルやクレームが発生した場合も家庭との間に会社が入ってくれるので一人で責任を負うことはありませんし、家庭教師側に非がなければ守ってくれるので安心です。

塾講師

塾では定期的な研修・サポート等はもちろんのこと、同僚や上長などへの相談やアドバイスを受けることも可能です。

スケジュール調整

家庭教師

家庭教師のスケジュールは、生徒や家庭と決めるのでスケジュールの融通が利きやすいです。急なスケジュール変更なども生徒との都合が付けば可能です。また、逆に生徒からのスケジュール変更をお願いされる場合もあります。

塾講師

塾講師の場合、シフト制で仕事を行います。他の先生との兼ね合いもあるので、シフトの急な変更は難しいです。固定のシフトを強制されることもあり、スケジュール調整が難しいことがあります。

雇用形態の違い

家庭教師

個人契約ではない場合、業務委託である場合がほとんどです。

塾講師

アルバイト・パートという形で、塾と雇用契約を結ぶのが一般的ですが、業務委託契約を結ぶケースもあります。

大変なこと

家庭教師

休憩時間と授業時間のメリハリをつけるのが難しくなりがちです。また、生徒の成績管理を自ら行わなければなりません

塾講師

他の先生と比べられ、生徒からの人気・不人気がどうしてもあります。

服装

家庭教師

常識のある範囲内で、清潔感のある服装であれば問題ないことが多いです。

塾講師

塾にもよりますが、スーツ着用を義務付けているところ、染髪やピアス等をNGなど厳しい基準があることがあります。

家庭教師と塾講師のメリットとは

家庭教師

コミュニケーション能力・伝える能力が身につく

生徒と1対1(マンツーマン)で指導をするので、『どのようにしたら伝わるか』、『理解してもらえるか』などをじっくり深く考えることができますし、一人ひとりに合わせたコミュニケーションをしなければなりませんので、自然とコミュニケーション能力が身につきます。

自由度の高い授業でやりがいを感じる

家庭教師は個人に合わせた授業を行うため、授業内容に融通が利き、自分らしい授業ができます。自分で創意工夫をした授業で、生徒の理解スピードが変わるので結果が出た時のやりがいが大きいです。

アットホームな環境

家庭教師は生徒宅で1対1の授業をするため、塾のように周囲に生徒がおらず、静かな環境でじっくり授業をすすめることができます。
また生徒、保護者と信頼関係を構築することで、おやつの差し入れをもらったり、サポートも受けられたりと『アットホームな雰囲気』でお仕事ができます。

実力で収入が上がる

実績や評判が上がることで、更に生徒を紹介してもらえることもありますし、交渉で時給アップも期待できます。

塾講師

一度に複数の人に伝える能力が身につく

塾講師は、一度に複数人を相手に授業するためプレゼン能力が身につきます。
家庭教師は、一人の生徒に対して『どのようにしたらわかりやすく伝えられるか』を考えますが、塾講師の場合どのようにしたら一度に『複数人に物事を理解してもらえるか』を考えなければなりません。
塾講師の仕事を通じて、複数人へ物事を伝える能力が身につきます。また、大勢の前で話すことの訓練にも繋がります。

家庭教師よりもアルバイトを始めやすい

塾は研修制度が充実しており、カリキュラム等の指導内容も予め決まっていることが多いです。なので、初めて塾講師を始める場合でも、授業の進め方や、教え方のコツ等を事前に掴む事もできるので、アルバイトを始めるハードルは家庭教師よりも低いかもしれません。
研修以外にも同僚や先輩の塾講師もいるので、相談もしやすい環境なので一人で抱え込みにくい環境です。また、塾講師の仕事を身につけた後に、家庭教師を始める人もいます。

安定した収入

塾講師はシフトで働くことが多いので、給与予測が立ちやすいです。シフトがきっちりと決まるので、自身のスケジュール管理もしやすいです。
また、家庭教師は、生徒や家庭との相性が合わなければ、契約解除や先生変更などで働けなくなる可能性もありますが、塾講師の場合、余程のことがない限りは急な解雇などはありません。

職場で働いている人と仲良くなれる

塾では同僚や先輩などが同じ場所で働いているため、必然的にコミュニケーションを取るので仲良くなることがあります。家庭教師に比べて交友関係が広がりやすいです。

共通したメリット

一般のアルバイトに比べると時給が高い

塾講師に比べると、家庭教師の方が時給は高いですが、どちらもおしなべて一般のアルバイトよりも時給が高く、効率よく稼げます。

スキルアップ・復習につながる

勉強を教える中で、学び直す機会になり、自分の勉強に繋がります。
また、就職試験(SPI)などの対策にもつながりますし、コミュニケーションスキルなども身につけることができ、将来に活かせます。

『家庭教師』、『塾講師』には多少の違いがありますが、どちらもやりがいのある素晴らしいお仕事です。向き不向きは人によって違いますし、塾講師・家庭教師どちらも掛け持ちでやる人もいます。この記事が家庭教師・塾講師のアルバイトを選ぶ際の参考になれば幸いです。

関連記事

RANKING

  1. 1

    「良い先生」の特徴と、求められる資質とは?

  2. 2

    教える仕事はこんなに色々! ピンとくるのはどれ?

  3. 3

    こんなにたくさん!教員免許が活かせる仕事のまとめ

  4. 4

    「教えるって素晴らしい!」―教える仕事の意義とやりがい

  5. 5

    《必見》副業家庭教師の始め方や必要なスキル|おすすめな理由やスケジュールも

最新記事 おすすめ 特集
  1. 【就活生向け】新卒エージェント・就活支援の選び方| 就活エージェントを見極め上手に就活

  2. 新卒エージェント・就活支援サービスのメリット・デメリットは?|就活生は知っておきたいメリット・デメリット

  3. 【就活生必見】新卒エージェント・就活支援ってなに?|サービス内容は?使い方は?利用までの流れは?

  1. 《必見》副業家庭教師の始め方や必要なスキル|おすすめな理由やスケジュールも

  2. 生徒の『もうやりたくない!』に効く、モチベーションアップ術

  3. 教える仕事はこんなに色々! ピンとくるのはどれ?

  1. 家庭教師のバイトって学歴関係あるの?|学歴不問?高学歴のメリット・時給についても

  2. 家庭教師アルバイトを始めるなら、家庭教師派遣会社?個人契約?どっちがいいの?

  3. おすすめのバイト!家庭教師がおすすめな7つの理由|始め方・注意点をご紹介!

TOP