おすすめのバイト!家庭教師がおすすめな7つの理由|始め方・注意点をご紹介!

アルバイトは、「効率よく稼ぎたい!」が本音です。
家庭教師は高時給で効率よく稼げ、勉強を教えるという仕事を通じてやりがいを感じる事ができるアルバイトのため、特におすすめです。
この記事では、アルバイトに家庭教師がおすすめな理由についてご紹介します。

家庭教師とは

家庭教師は、生徒となる小学生~高校生(浪人生)の家庭に訪問し、勉強を教えるのが主なお仕事です。『日々の勉強』や『宿題』の解説・サポートなどマンツーマンで教えるお仕事です。生徒が受験生の場合は『受験対策』など、子供の目的に寄り添いながらお仕事をします。
勉強のサポートだけでなく、子供や保護者からの相談に応じるなど、『総合的なサポート』を行います。

家庭教師がおすすめな理由

①高時給

家庭教師は他のアルバイトに比べると、時給が高いです。
一般のアルバイトは、地域などによって差はありますが《時給:1100円》あたりが相場です。それに比べて、家庭教師は最低でも《時給1500円》で、ほとんどの場合は未経験でも《時給1800円》です。また、学歴や経験によってより高くなることなどもあります。
家庭教師のアルバイトは、高時給なので短時間で効率よく稼げます。

②シフトの融通が効きやすい

家庭教師の勤務日時は、生徒やその保護者と決めるので、自分の都合に合わせて仕事の計画を組むことができます。
また、急な予定が入った時などは、生徒や保護者との連絡を取り合い、都合をつけることで比較的予定変更がしやすいです。
家庭教師はスケジュールの調整がつきやすく、急な予定変更もしやすいのでおすすめです。
また、時間や日程に都合が付きやすいのでWワークもしやすいというメリットもあります。

③やりがいを感じる

家庭教師をやっていく上で、『指導がうまいくいかないこと』や、『生徒や保護者との関係が難しい』等のいろいろな苦労はもちろんあります。
ですが、教えている生徒の成績が上がったり、志望校に合格したりなど、自分の教えたこと、自分のやってきたことがはっきりとした『成果』として出るので、やりがいをストレートに感じることができます。
生徒が『成長する姿』や、その保護者が『喜ぶ姿』など、嬉しく感じますし非常にやりがいを感じられます。

④スキルが身につく

家庭教師は様々なスキルを使います。
家庭教師は、物事を生徒が分かるように論理的に考えて、順序立ててわかりやすく説明する必要があります。そのため家庭教師は、『ロジカルに考える能力』、わかりやすい言葉に言い換える『言語化能力』を自然と身につけることができます。
ロジカルに考えて、わかりやすく説明する力は『プレゼン能力』に繋がり、様々な場面で役に立つスキルです。
家庭教師をすることで、自然と社会で役に立つスキルを身につけることができます。

⑤生徒や保護者とのコミュニケーションが楽しい

家庭教師は、生徒や保護者と密接な関係になることが多いです。
そのため家族と仲良くなって友達のような関係になることもあります。家庭教師に行くと毎回お菓子やご飯が出てきたりなどお報酬以外のおもてなしを受けることもありますし、なにより楽しくお仕事をすることができます。

⑥体力的な負担が少ない

基本的に家庭教師は室内で椅子に座って授業を行うので、体力的な負担は少ないです。
頭は使いますが、立って動き回るお仕事ではないので、身体的な負担などはなく、続けやすいお仕事です。

⑦貴重な経験ができる

家庭教師は1人の教育者として貴重な経験ができます。子どもの成長する姿を間近で見ることはなかなかできません。家庭教師を通して貴重な経験をすることができます。

家庭教師のなり方

家庭教師の始め方

家庭教師を始める場合は、2通りで始めることができます。

①家庭教師派遣会社へ登録する

家庭教師派遣会社へ登録し、自分の希望に合った生徒(案件)を紹介してもらい家庭教師をする

②個人契約

知り合いと直接契約して、家庭教師をします。自ら生徒を探さないといけません。

②の個人契約は自ら条件(報酬・待遇)等を交渉するため、報酬は高くなりますが、なにか問題が発生した場合は『全ての責任』を自分で負わなければいけないので、①の家庭教師派遣会社に登録し、家庭教師を始めることをおすすめします。

家庭教師を始める上で注意すべきこと

家庭教師を始める上で注意すべきことをご紹介します。

報酬以外の待遇を確認する

家庭教師の仕事は『高時給』ですが、時給以外の待遇についてしっかり確認が必要です。
『交通費の有無』や『昇級の有無』など、報酬以外の待遇はしっかりと事前に確認しておきましょう。

家庭教師先までの距離

家庭教師は生徒の家に訪問し授業するのが通常です。家庭教師先の待遇の良し悪しはもちろんありますが、家庭教師先があまりにも遠方すぎると家庭教師の利点が損なわれることもあります。家から近い場所など、『通いやすいかどうか』は非常に大切です。事前に確認しておきましょう。

家庭教師の大変なこと

家庭教師のバイトでも大変なこともあります。

精神的なプレッシャーがかかる

家庭教師を依頼する理由は、子どもの『成績の維持向上』や、『志望校合格』のためです。
そのため、生徒の成績がなかなか向上しない時や、保護者や生徒の期待に応えられない時などは、途中で契約を打ち切られることや、先生のチェンジを求められることがあります。
「成果を出さないといけない」という精神的なプレッシャーがかかり、大変だと感じることがあります。

生徒のやる気を出すのが難しい

先述の通り、家庭教師は生徒の成績を上げることが目的です。
やる気がない生徒を担当すると、やる気を引き出すことが難しく、成績を上げることが難しく大変だと感じます。
生徒一人ひとりによって効果的な教え方は異なります。一人ひとりに合った効率的な教え方や、やる気の引き出し方を、見つけ出すことが大変だと感じることがあります。

授業準備が大変に感じる事がある

授業準備にこだわりすぎて、大変だと感じてしまうこともあります。
授業準備などは時間外労働なのでこだわりすぎて大きな負担に感じてしまうことがあります。

家庭教師についてのよくある疑問

学歴は関係ある?

家庭教師のアルバイトを始める際に学歴や学力は関係ないことが多いです。
例えば、『高学歴の先生』と謳っている家庭教師派遣会社であれば、学歴による選別はありますが、ほとんどの場合では学歴や学力は関係ないことが多いです。
家庭教師に求められるのは、学歴や学力でなく『わかりやすく教えるスキル』や『コミュニケーションスキル』のほうが重視されるため、勉強を教えられる程度の知識やコミュニケーションスキルが有れば問題ありません。

資格や試験はあるの?

家庭教師になるための必要な資格はありません。
また、家庭教師派遣会社によっては試験を受ける必要がある場合がありますが、4択のWEB試験などで、基本的に難しい問題は出題されません。

志望動機はどうする?

家庭教師を始める際、ほとんどの場合で面接があります。
アルバイトを始める理由のほとんどが「お金のため」ですが、ストレートに「お金のため」と言わずに、「昔から教えることが好き」「教員を目指している」「家庭教師の先生にお世話になったから、恩返ししたい」など、誠実な印象を与える理由にしましょう。

面接時の服装・頭髪は?

面接時は、スーツもしくはシャツ+ジャケットが一般的です。ジーンズにTシャツなどのラフすぎる格好は控えましょう。また頭髪もできるだけ黒が好ましいです。

家庭教師の仕事は、給料以外にも、やりがい等も感じられるおすすめのアルバイトです。
生徒の成長を支え、間近に感じることができるという、『貴重な経験』をすることができます。家庭教師は自分自身を成長させるアルバイトだと言えます。家庭教師のアルバイトを考えている方の参考にしてみてください。

関連記事

RANKING

  1. 1

    「良い先生」の特徴と、求められる資質とは?

  2. 2

    教える仕事はこんなに色々! ピンとくるのはどれ?

  3. 3

    こんなにたくさん!教員免許が活かせる仕事のまとめ

  4. 4

    「教えるって素晴らしい!」―教える仕事の意義とやりがい

  5. 5

    《必見》副業家庭教師の始め方や必要なスキル|おすすめな理由やスケジュールも

最新記事 おすすめ 特集
  1. 【就活生向け】新卒エージェント・就活支援の選び方| 就活エージェントを見極め上手に就活

  2. 新卒エージェント・就活支援サービスのメリット・デメリットは?|就活生は知っておきたいメリット・デメリット

  3. 【就活生必見】新卒エージェント・就活支援ってなに?|サービス内容は?使い方は?利用までの流れは?

  1. 《必見》副業家庭教師の始め方や必要なスキル|おすすめな理由やスケジュールも

  2. 生徒の『もうやりたくない!』に効く、モチベーションアップ術

  3. 教える仕事はこんなに色々! ピンとくるのはどれ?

  1. 家庭教師のバイトって学歴関係あるの?|学歴不問?高学歴のメリット・時給についても

  2. 家庭教師アルバイトを始めるなら、家庭教師派遣会社?個人契約?どっちがいいの?

  3. おすすめのバイト!家庭教師がおすすめな7つの理由|始め方・注意点をご紹介!

TOP